無排卵月経とは

無排卵月経の原因と漢方やビルを用いた治療方法を説明

無排卵月経の原因と治療方法

月経がきていても排卵をしていない症状を、無排卵月経といいます。ここでは無排卵月経の原因と治療方法について説明します。

ダイエットが原因の女性

ダイエットの影響が原因で無排卵と成っているのであれば、その原因を取り除かなければ成りません。ダイエットによって神経性の病気を発症している場合には、精神科医によるカウンセリングを必要とします。まず、原因を解消してから無排卵の治療に入りましょう。

無排卵月経の治療

全ての女性に当てはまるとはかぎりませんが、無排卵月経には漢方治療も有効です。月経異常には、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などが多く使われています。ただし、漢方薬には多くの種類や処方があるので、医療機関で適切に処方してもらう必要があります。

カウフマン療法

月経周期前半に1週間前後の期間卵胞ホルモンを投与し、続いて後半に卵胞ホルモン+黄体ホルモンを2週間前後投与するという形で行われ、周期的な月経周期の確立を目指すものです。

卵胞ホルモン投与は、プレマリン、プロギノン、オバホルモン、ペラニン、エストルモン、ノアルテンなどのエストロゲン製剤の内服ないしは注射が用いられます。

卵胞ホルモン+黄体ホルモン投与にはエストロゲン製剤に加えてプロゲステロン製剤(プロゲデポー、プロゲホルモン、プロゲストンなどの注射、ルトラール、ヒスロン、プロベラ、デュファストン、ノアルテンなどの内服薬 )を一緒に使用します。また、ピル製剤(ドオルトン、ノアルテンD、ソフィア、プラノバールなど)を用いる場合もあります。

生理不順から進展しませんか

基礎体温をつけて排卵が確認できていて、避妊や妊娠などの問題がなければ治療の必要はありません。不安を解消するためにも、一度受診することも良いかもしれません。

ホルモンバランスの崩れとは

女性ホルモンは脳の視床下部と脳下垂体によってコントロールされています。それに視床下部は自律神経の中枢でもあります。脳の視床下部と脳下垂体の間で情報交換行なえなくなる事でホルモンバランスが崩れます。

女性ホルモンバランスが崩れると様々な症状や精神的な支障が起こります。脳の視床下部と脳下垂体の関係はとても繊細で精密と言えます。

無排卵月経の対処

月経リズムはホントに些細なことにでも影響されてしまうのです。女性の体はとても繊細で精密に出来ています。不規則な生活や睡眠不足、過度なダイエットなどもホルモンバランスを崩す原因になります。最近では、強いストレスからホルモンバランスを崩す人が増えていると言われます。大切なことは、バランスのとれた食生活をし、規則正しい生活習慣(生活、睡眠)を心がける事です。