更年期障害

更年期における特徴は、自律神経系の失調と不定愁訴のこの2つ

更年期における症状の特徴

人生における転換点でもある更年期には、心に悩みを抱えることや、閉経などが迫ってくることもあり、様々な身体の不調を訴える人が多いようです。

そんな更年期の症状の中でも代表的なものが自律神経系の失調と言えるでしょう。こうした症状が起こる主な原因は女性ホルモンであるエストロゲンが、更年期にさしかかると減少が大きくなるためです。エストロゲンは皮膚や骨の代謝、性器などに関わる女性ホルモンであるほか、自律神経系にも及ぼす影響が大きいために自律神経がかかわる部位でいろんな症状を起こすことが考えられます。

また、更年期にはもう一つ大きな特徴があります。それは不定愁訴と呼ばれるもので、検査をしても身体には異常が見つからないのに、身体の調子が思わしくない、機能的な異常を自分で感じるといったものです。以前は精神的なものだと考えられていましたが、現在は不定愁訴として認知されてきました。

自律神経系の失調と不定愁訴。この二つが更年期における特徴ですが、更年期では他にも様々な症状が起こりうる可能性があります。それは女性ホルモンの減少だけが影響しているわけではなく、加齢がもたらす身体への影響や、生活習慣のひずみなども関係していることがあるからです

更年期障害は女性になら誰に起こり得る症状だと言えます。他の病気と似た症状な場合が多いので間違わないように注意が必要です。自分の周りに更年期障害と似た症状を持つ人がいても、更年期のせいだと自己判断してはいけません。症状が気になる時は、内科医や婦人科医で検査をする事をすすめてください。きちんとした診断を受ける事が大切です。