月経前症候群とは

ストレスなどの影響で月経前に様々な体の不調が現れる症状を月経前症候群といいます

月経前症候群の原因と改善方法

さまざまな症状が現れる『月経前症候群』、例えば「体がむくむ」「気分が沈む」「イライラする」などである。やはり、日常生活のストレスが大きくかかわっています。

月経前症候群

さまざまな症状が現れる『月経前症候群』、例えば「体がむくむ」「気分が沈む」「イライラする」などである。やはり、日常生活のストレスが大きくかかわっています。

ただし、ストレスが関わっているからこそ、健康な排卵をある女性であればだれでも起こり得るものであり、それが日常生活に支障をきたすようであれば治療が必要となります。

月経前症候群の原因

女性の体は生理が近くなると2つの女性ホルモンの分泌がピークを迎えます。妊娠していないときは必要なくなるので、ホルモン分泌がピークから一気にダウンします。このような急激な変化に脳が対応しきれずに、「女性は生理前は不機嫌だ」と言われている通り、月経前に様々な体の不調が現れるのが月経前症候群である。

月経前症候群は、症候群と言われるように、決まった症状が現れるわけではありません。その症状はさまざまで人によっては日常生活や仕事に影響することもあります。

「体がむくむ」「気分がしずむ」「頭痛」など色々な症状があり、人によって現れる症状も多種多様なのです。中には精神面で大きな影響が現れ、仕事が手に付かないなど職場での人間関係に多大な影響を与えてしまう人もいます。

このような状態を持つ女性が必ずしも生理休暇や有給休暇などの休暇が取れる会社は、きわめて少なく、多くの女性はこうした症状をもったまま忙しい仕事、長い就業時間などの日常生活を送り悩んでいる方も少なくありません。

月経前症候群の肉体的症状

「体のむくみ」「便秘や下痢」「頭痛や肩こり」「食べ過ぎによる体重増加」「乳房が張る」などがあります。特に多いのは体のむくみや頭痛、便秘です。

月経前症候群の精神的症状

「何かとイライラする」「理由も無く落ち込む」「やる気がなくなる」「集中力がなくなる」などです。全てにおいて理由が無く突然起こっています。

一般的な治療法

症状が多様であるように、治療もその症状に適した方法で行います。一般的によく行われている治療法は低用量ピルを使う方法です。

ピルにより排卵を抑えることで月経前症候群の症状を軽くします。頭痛には鎮痛剤、うつ状態には抗うつ剤、便秘には整腸剤というように、それぞれの症状に合わせて効果のある薬を服用します。

抗うつ剤の使用に抵抗感

うつ状態に対して抗うつ剤を少量使用しますが、抵抗を感じる方もいます。しかし、毎日服用するのではなく、生理前の状態に応じて調節します。

月経前症候群を改善

医療機関を受診して、適切な治療を受けることはもちろんであるが、月経前症候群を改善するためには普段の生活で心がけなければならないことがあります。

日常生活の心がけ

月経前症候群が増加している原因のひとつとしてストレスが掲げられ、これが大きな影響を与えていることは確かである。特に働いている女性は時間に追われ、ゆっくりと過ごす時間を持つことが難しいようです。できる限りのんびりできる時間を持つように心がけることが大切です。入浴も効果的です。入浴は湯船に浸かり心身を癒すなどによりストレス解消につながります。温泉や岩盤浴もよろしいのではないでしょうか?

月経前症候群は健康な排卵のある女性であれば、誰でも起こりうるものである。肉体的、精神的な症状が現れ、それが日常生活に支障をきたすようであれば、医療機関で受診し、必要に応じて治療を行えば良いのです。いたずらに不安に思う必要はありません。

月経前症候群になりやすい年齢

20代の若い女性で症状を訴える人が増え、年齢はどんどん低くなる傾向にあります。その原因はストレスや心理的要因にあると思われます。

漢方治療の有効性

漢方薬は体全体の機能を整える効果がありますので、有効性があります。複数の症状が現れている人に対しては、特に漢方薬は適しています。ただし、漢方薬には多くの種類や処方があるので、医療機関で適切に処方してもらう必要があります。

低用量ピルの副作用が心配

ピルを服用することに不安を持つ方は少なくありません。特に乳がんとの関連が取り上げられていますが、低用量ピルの場合はホルモン量が少ないので、乳がんのリスクは高くはなりません。